京のお天気豆知識  
 「京のお天気豆知識」のページを担当します土井修二君を紹介します。
彼は京丹波町の和知作業所に勤務しており、主に製材作業を担当しています。
彼にはもう一つの顔があり、「気象予報士」の資格を持っています。


山中ではフジの花が満開(撮影H28.5.1 京都市 比叡山中腹)



 土井よりメッセージひとつ
 むさくるしい顔写真の代わりに、季節にふさわしい写真をアップします。
どうぞご了承ください。


気象庁気象衛星可視画像 2020年 1月 17日 12時 低気圧通過 京都には雨雲かからず
null
 

先週も高温傾向はあいかわらず
雪のない状況が続いています。
雲画像や天気図の傾向、冬型がつづかないこと以外は 冬らしい形ですが
気温が高いため、雪ではなく雨で降っているものです。
どこかでこの反動がくると思われます

気象情報や長期予報で、しっかり最新情報をチェックしましょう

1月17日 12時の気象庁衛星可視画像


当初の週間予報では、それなりに雨が降る予想でしたが、実際は低気圧が日本の南に離れて
通過し、京都にはほとんど雨を降らせませんでした
雲画像でも 低気圧の雲は日本の南 太平洋側の一部にかかっているのみです
むしろ日本海には、冬特有の筋状の雲が見られ、日本海側では雨 雪になっているところがあります
寒い年の冬には 今頃は日本の南に低気圧がくることはあまりないものですがーー





週間予報
https://www.jma.go.jp/jp/week/333.html

 今週も気温は平年より高めで推移
前半は割合好天に恵まれそうですね
後半は悪天予想ですが 予報信頼度低く ご注意を




1ヶ月予報 
https://www.jma.go.jp/jp/longfcst/pdf/pdf1/001.pdf

 寒中とは思えない気温が続いています
今度更新される 三ヶ月予報 にも注目を


二週間気温予想
https://www.data.jma.go.jp/gmd/cpd/twoweek/

高温傾向続く
まだ 寒波襲来の気配は見えず 短周期変化 つづくようです



2020 1 19 更新