京のお天気豆知識  
 「京のお天気豆知識」のページを担当します土井修二君を紹介します。
彼は京丹波町の和知作業所に勤務しており、主に製材作業を担当しています。
彼にはもう一つの顔があり、「気象予報士」の資格を持っています。


山中ではフジの花が満開(撮影H28.5.1 京都市 比叡山中腹)



 土井よりメッセージひとつ
 むさくるしい顔写真の代わりに、季節にふさわしい写真をアップします。
どうぞご了承ください。


気象庁気象衛星可視画像 2018 1 12 寒波襲来 晴天だが寒い    

 

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

2018年が穏やかな年であってほしいですね。


わりと穏やかにスタートした2018年ですが、
先週は強い寒気が南下、冬型気圧配置で 九州 四国など
各地で大雪となりました。

 しかし昨年の今ごろより大雪に見舞われた、京都府においては北部の一部を
除き 雪は少なく助かっています




 (ここで紹介する衛星画像は 気象庁ホームページより入手したものです)

   1/12 12時の気象衛星可視画像。


 典型的な強い冬型の時の状況です。
日本海や東シナ海は筋雲に覆われ、各地に雪を降らせていますが
京都は西風のため、雲が少なく晴れています。
北陸地方には強い雪雲がかかり、大雪となっています。
この雲が夜に京都にもかかるかと思っていましたが
幸いかからず、雲の下に入った滋賀県では 大雪になったところもありました。

 この日は鹿児島も雪模様でしたが、鹿児島が冬型で雪 雨となっているうちは
京都では晴天になることが非常に多いですね





週間予報
http://www.jma.go.jp/jp/week/333.html

今週は気温地高めの予想。
水曜の雨のあと 冬型になっても、時雨は雨中心かと。
寒波は小休止



http://www.jma.go.jp/jp/longfcst/

季節予報
この寒波が去ってから、どうなるか注目です。
新しい予想に注目


http://www.jma.go.jp/jp/soukei/
異常天候早期警戒情報

いまのところ平穏
次の更新に注目を


2018  1 15 更新